じろべえ工房
  大正時代に古典焼生産によって、使われる技法技術が格段に多様化し、
 また新しい図案が導入されて、今までにない壺屋焼が作られるようになった。
 しかし、1940年代に入ってからは再び日常雑器の生産が始まった。そこには
 民芸運動も強い影響がを与えている。つまり1940年代、琉球古典焼きから
 王国時代のクラシックな装飾技法、そして明治以降に作られた日常雑器まで、
 多様な技法が混在していた状況が出来上がる。この混在した状況のまま
 1945年の沖縄戦に突入したのである。  (倉成多郎、壺屋焼入門、2014年)
        —— やきものに関する記述のある著作を紹介しています ——
じろべえ工房/治良兵衛窯/古曽部陶芸倶楽部
JIROBE POTTERY STUDIO
E-mail to potter@jirobe.jp
工房へのアクセス/ACCESS
Latest Update:May 23 2016   Access Count After Update   

お知らせ/INFORMATION
--------工房情報--------
■ これからの工房開館日
  2016年 6月4日(土)、18日(土)
  2016年 7月2日(土)、16日(土)

■ 次回の開催日(2016.6.4)の時間帯別空き状況
  第1時間帯/クラス1( 9:00-12:30)定員5---空席0
  第2時間帯/クラス2(13:00-16:30)定員5---空席0
  夏季EXTRA TIME(17:00-20:30)定員5(予約制)---空席5

■ これからの焼成予定(遅延することがあります)
  素焼焼成:2016年8月上旬
  還元炎焼成:2016年9月上旬
      (参考)還元炎焼成と酸化焼成について

--------KOPOC会員の方へ-------- - - -new! 
■ 作品展作品搬出は5月26日(木)です。
  集合時刻等はお問い合わせください。
■ 夏季EXTRA TIMEを設定しました
   予約がおすすめですが空きがある場合参加できます
   予約がない場合閉館する場合があります
■ RCA(リファイン&チャレンジアドバイス)案内・予約状況

--------陶芸ワークショップ--------
■ 陶芸ワークショップ(一日陶芸)開催中です
  2016年10月までの夏季EXTRA TIMEに開催します(要予約)

参加・入会案内/KOPOC&TRIAL
 
季節の断片/ SCENE of SEASON
新作情報/ BRAND NEW
 ■ 古曽部陶芸倶楽部(2016.4.25作品追加)/
    HT(ht81)
    KK(kk83-86)
    TDN(tdn41-44)
    TO(to82-86)
    YS(ys06-08)

これからのイベント情報/KOPOC/JPS-EVENTs
 ■  古曽部陶芸倶楽部 会員作品展
    ~ 手から生まれるそれぞれのうつわ ~(クリック) - - -new! 
      2016年5月13日(金)より26日(木)まで 高槻市桃園ギャラリーにて

お勧め展覧会情報/EXIBITION

SHOPその他のお問い合わせ
→このホームページから   →メールで
ろくろ入門、陶芸倶楽部、特修コースのお問い合わせ
→このホームページから   →メールで
陶芸ワークショップ(一日、短期間)の
→このホームページから   →メールで

       
じろべえ工房と古曽部の里/JIROBE POTTERY STUDIO IN KOSOBE VILLAGE
治良兵衛窯/JIROBE KAMA
古曽部陶芸倶楽部/KOSOBE POTTERY CLUB (KOPOC)
陶芸ワークショップ/WORKSHOP OF POTTERY MAKING
工芸などサイトへのリンク/ LINKS TO CRAFTS
その他のリンク/ LINKS


じろべえ工房は大阪府高槻市古曽部町の陶芸工房です。治良兵衛窯はその製造所です。古曽部陶芸倶楽部はじろべえ工房で活動する陶芸グループで、陶芸教室や体験陶芸もあります。治郎兵衛窯で焼いたふだん使いのうつわの販売もしています。じろべえ工房はやきもののあるこころ豊かな日常生活を提案します。
今週のページの色は日本の伝統色「錆朱色」です。
Page-color of this week is japanese traditional color “Sabishu-iro”