system


古曽部陶芸倶楽部会員規約(抜粋)
(2011年1月より)

名 称
古曽部陶芸倶楽部(Kosobe Pottery Club: KOPOC)

目 的
やきものづくりの技術の修得と研鑽を目的とします。

会 員
所定の入会手続きを行なった方を会員とします。会員は開催日のいずれかのクラスで作陶ができます。
会員は正会員と、登録会員からなります。正会員はクラスに所属し、予約なしで作陶ができます。登録会員はクラスに空きがある場合に予約をして作陶ができます。
登録会員はクラスに空きがある場合、希望があれば所定の手続きを経て正会員となれます。

開催日
毎月第1、第3土曜日です。都合により休会または開催日の変更がありますが、事前にお知らせ致します。

作陶課題
陶芸技術習得と向上のためてびねりと電動ろくろ作陶によるいくつかの課題を設定します。自由作陶をするか課題を選び作陶をするかは自由です。
後略

作陶費用
作陶に要する全費用は、入会手続費、当日の参加費、焼成費からなります。
後略

作陶時間
1. 規定のクラスの時間内に後片付けを含めて完了してください。
2. 次のクラスに空きがある場合、引き続き作陶ができますが、混雑時にはご遠慮ください
後略

クラス制
1. 定員5名の3クラス制(第1クラス、第2クラス、第3クラス)とします。
2. 正会員の方は第1クラス、第2クラス、第3クラスのいずれかの所属となります。
3. クラスの定員は将来、状況により増減する事があります。
4. 時間は第1クラス:9.00-12.00、第2クラス:12.30-15.30、第3クラス:16.00-19.00とします。
5. 各クラスの方は、ろくろ作陶またはてびねり作陶のどちらでもできます。
6. 正会員の方の予約や不参加の連絡は不要です。
後略

登録会員
1. 3つのクラスのいずれにも所属しない登録会員を設定します。
2. 登録会員から正会員への移籍は空きがあればいつでもできます。
3. 登録会員の方は事前に空きのある一つのクラスを予約して参加するか、予約なしでも当日参加して空きがある場合規定のクラス開始時刻の30分経過後(先着順)に使用できます。
後略

参加費
1. 参加会費はてびねり作陶費、ろくろ使用作陶費とします。
2. 焼成費込みのコースの参加費は別途定めます。
3. 粘土を扱わない施釉や装飾だけの参加もてびねり作陶の参加費となります。
4. 会費は参加時にお支払いください。

作陶テーマ、カリキュラム、指導
1. 会員の方は自由作陶していただけます。
2. 自由作陶しながら選べるテーマも用意します。
3. 初心者の方には経験にあわせたテーマも用意します。
4. 釉薬に関するコースは希望に応じて用意します。
5. 作陶希望に応じたアドバイス・指導が受けられます。

道具、材料
1. 粘土、釉薬等の費用は別途かかりません。
2. 一部の小道具は有料で準備します。
3. 作陶に必要な道具は、工房に備え付けの道具、工房で購入した道具、各自所有する道具いずれをお使い頂いても結構です。
4. 作陶に必要な、粘土、釉薬の費用はかかりません。
5. 土の持ち込み、持ち出しはできません。

焼成費
1. 焼成費計算は窯出し後の作品で計算します。
2. 焼成費は体積と重量で計算します。重量は伝統土とその他で係数が異なります。
3. 素焼き焼成費は体積と重量で別途計算します。重量は伝統土とその他で係数が異なります。
4. 本焼きをする場合素焼き費用は必要ありません。
後略

入会
1. 入会時に所定の手続費をお支払い頂き、入会申込書に連絡先をご記入いただきます。
後略

正会員の登録会員への移動
1. 登録会員への移動を希望される時はできるだけご連絡をお願いします。
2. 3回連続欠席(6週間+1日)の場合、理由の如何に関わらず登録会員へ移行します。
後略


以下略